日テレNEWS
政治
2011年1月28日 16:37

3歳未満に2万円 子ども手当法案閣議決定

3歳未満に2万円 子ども手当法案閣議決定
(c)NNN

 政府は28日、今年4月から1年間の子ども手当について、3歳未満に限って月額2万円を支給する法案を閣議決定した。「ねじれ国会」の中、成立するかは不確定。

 子ども手当は0歳から中学3年までの子どもの保護者に支払われるもので、法案では今年4月以降、3歳以上は月額1万3000円、0歳から2歳までは7000円上乗せして月額2万円とする。地方からは「全額国庫負担にすべき」と反発もあるが、都道府県、市区町村と企業も、以前、児童手当で負担していた割合を負担する。

 また、法案では、外国籍の子どもは日本国内に住んでいる場合に限って支給し、日本人の子どもで留学などをしている場合は支給対象になる。

 参議院で野党が多数を占める中、この法案が今年3月31日までに成立しない場合は、かつての児童手当に戻ることになり、事務を請け負う市区町村の混乱が予想される。