日テレNEWS
政治
2011年2月17日 9:33

社民・照屋氏、普天間移設関連予算削除要求

社民・照屋氏、普天間移設関連予算削除要求
(c)NNN

 鳩山由紀夫前首相がアメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)を県内に移設する理由に海兵隊の抑止力を挙げたことは「方便だった」などと述べた問題で、社民党・照屋寛徳国会対策委員長は、16日の衆議院予算委員会で、11年度予算案から普天間移設関連予算を全面削除するよう求めた。

 照屋氏が「福島党首は鳩山前首相の方便で罷免されたことが明らかになった。ひどいですね、悔しいですね。(沖縄・名護市)辺野古移設関連予算およびヘリパット工事関連予算を全面削除する考えをお持ちか」とただしたのに対し、北沢防衛相は「イエスかノーかということなら、ノーです」と答えた。

 これに対し、照屋氏は「普天間移設関連予算を全面削除しないで、社民党に予算関連法案の賛成を求めてもダメだ」と述べた。