日テレNEWS
政治
2011年2月17日 18:12

社民党、予算案と公債特例法案に反対へ

社民党、予算案と公債特例法案に反対へ
(c)NNN

 社民党・福島党首は17日、11年度予算案と、予算執行の裏付けとなる公債特例法案について、反対する方向で意見集約したいとの考えを示した。

 社民党は、アメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)の移設関連経費の削除や法人税減税の撤回を求め、民主党と修正協議を行っている。しかし、政府・民主党にこうした要望を受け入れる姿勢が見られないことや、普天間基地移設問題をめぐる鳩山前首相の「方便」発言などもあり、11年度予算案と、予算執行のために赤字国債の発行を認める公債特例法案について、反対の方向で意見集約する方向となった。

 社民党は22日に両院議員懇談会を開き、正式に賛否を決定する方針。