日テレNEWS
政治
2011年3月10日 2:37

松本外相、前外相の基本方針を引き継ぐ考え

松本外相、前外相の基本方針を引き継ぐ考え
(c)NNN

 外国人からの献金問題で辞任した前原誠司前外相の後任に、これまで外務副大臣を務めてきた松本剛明氏が昇格し、9日に正式に就任した。会見で、松本外相は前原前外相が進めていた外交の基本方針を引き継ぐ考えを示した。

 松本外相は9日午後、官邸で菅直人首相から外相就任にあたっての指示を受けた後、9日夕方、皇居で認証式に臨んだ。その後、官邸で辞令を交付された松本外相は、神妙な表情で記念撮影を行い、記者会見に臨んだ。会見では、「日米同盟の深化、そして経済外交の推進をさらに進めてまいりたい」と述べ、前原前外相が進めていた外交の基本方針を引き継ぐ考えを示した。

 また、前原前外相辞任のきっかけとなった外国人からの献金などについては、「政治資金については、これまでも法律にあった形で行うよう努めてきた」と述べ、問題のある献金は受けていないとの認識を示した。

 松本外相は、現地時間14日にフランスで行われるG8(=主要8か国)外相会合に出席する予定。