日テレNEWS
政治
2011年3月14日 12:07

放射性物質大量飛散の可能性低い~枝野長官

放射性物質大量飛散の可能性低い~枝野長官
(c)NNN

 福島第一原子力発電所3号機で起きた爆発について、枝野官房長官は14日昼前に緊急会見を行い、「爆発の状況から見て、12日の1号機の水素爆発と同種のものと推定されている」と述べた。

 現地の所長に確認したところでは、格納容器内の圧力の数値が一定範囲内であることと、注水が継続されていることから、「格納容器は健全であるとの認識が報告されている」という。このため、放射性物質が大量に飛び散っている可能性は低いとの認識を示した。