日テレNEWS
政治
2011年3月28日 20:05

復興へ 民自公、歳費300万円削減で合意

復興へ 民自公、歳費300万円削減で合意
(c)NNN

 民主、自民、公明3党の幹事長が28日に会談し、東日本大震災の復興に充てるため、国会議員一人につき約300万円を歳費から削減することで合意した。

 国会議員の歳費を削減するには法改正が必要なため、民主党・岡田幹事長は「4月の歳費から差し引かれるように法案化を急ぎたい」と述べた。民主、自民、公明の3党は、他の政党に呼びかけて法案提出を急ぐ方針。

 国会議員一人当たりの歳費約300万円が削減されれば、総額20億円以上が国庫に返納されることになる。