日テレNEWS
政治
2011年4月10日 23:03

奈良県知事選、現職・荒井正吾氏が当選確実

 10日に行われた奈良県知事選挙は、現職で2期目を目指す無所属・荒井正吾氏(66)が当選を確実とした。

 今回の選挙は、荒井氏、無所属で県医師会長・塩見俊次氏、共産推薦で元県議会議員・北野重一氏の三つどもえの戦いとなっていた。

 選挙戦は、近畿で奈良県だけが参加を見送っている関西広域連合への加入の是非が争点になっていて、加入に否定的な荒井氏を、加入を公約に掲げた塩見氏が追う展開になったが、結局、自民党や公明党などから広い支持を集めた荒井氏が2選を確実にした。