日テレNEWS
政治
2011年7月19日 21:56

福島産肉牛の出荷停止、県知事に指示~政府

福島産肉牛の出荷停止、県知事に指示~政府
(c)NNN

 福島県から出荷された牛肉から国の暫定規制値を超える放射性物質が相次いで検出されたことを受けて、政府は19日、福島県に全ての肉牛の出荷を停止するよう指示した。

 福島県はすでに肉牛の出荷を自粛しているが、政府は原子力災害対策特措法に基づいて、福島県知事に対し、福島県産の全ての肉牛の出荷停止を指示した。

 今後は、福島第一原発事故の計画的避難区域と緊急時避難準備区域では全ての牛を検査し、放射性セシウムが暫定規制値を下回った牛のみ出荷を認める。そのほかの地域では、農家ごとに出荷前に牛を1頭以上検査し、放射性セシウムが暫定規制値を下回った農家には、そのほかの牛を含めて出荷を認める。

 枝野官房長官は「出荷制限の対象となる農家には、適切に賠償する」と述べた。