日テレNEWS
政治
2011年8月3日 19:17

民主執行部、公債法案を今週採決したい考え

民主執行部、公債法案を今週採決したい考え
(c)NNN

 民主党執行部は、赤字国債を発行するための特例公債法案を今週中に採決したい考え。特例公債法案の成立は、菅首相が退陣条件の一つに挙げているが、野党が協力する大前提となる子ども手当の修正協議は不透明なままとなっている。

 こうした中、民主党執行部の一人は3日、「どこかで党幹部の決断があるかもしれない」と述べ、民主、自民、公明の修正協議が調わない場合でも今週中に採決に踏み切る可能性を示唆した。

 民主党・輿石参議院議員会長は「野党の皆さんのご協力もぼつぼつ限界に来ているのかもしれない。私たちの耐える気持ちも限界に来ているかもしれない」と述べ、子ども手当の協議が調わないままでも、特例公債法案を衆議院で採決し、参議院に送ることに理解を示した。