日テレNEWS
政治
2011年8月5日 21:17

原発の輸出、当面は継続の方針~政府

原発の輸出、当面は継続の方針~政府
(c)NNN

 政府は5日、原子力発電所の海外への輸出について、当面は継続する方針を盛り込んだ答弁書を閣議決定した。

 答弁書では「原子力技術に対する期待は引き続き、いくつかの国から表明されており、諸外国が活用したいと希望する場合は、世界最高水準の安全性を有するものを提供していくべきだ」として、当面は原発の輸出を継続する方針が盛り込まれている。

 枝野官房長官は5日午後、記者会見で「これまで進められてきた各国との原子力協力については、外交交渉の積み重ねや培ってきた国家間の信頼があるので、これを損なうことのないよう留意し、進めていく」と述べ、現在進めているベトナムなど諸外国との輸出交渉については継続していく考えを強調した。その上で、新規の輸出交渉を始めるかどうかについては「国際的な原子力協力のあり方についての我が国の考え方を取りまとめたい」と述べるにとどまった。