日テレNEWS
政治
2011年8月22日 1:33

そう遠くない時期に判断…前原氏出馬に含み

そう遠くない時期に判断…前原氏出馬に含み
(c)NNN

 菅首相の後継を選ぶ民主党代表選挙について、前原前外相は21日夜、「そう遠くない時期に仲間と相談する」と述べ、自らの出馬に含みを持たせた。

 また、小沢元代表が党員資格停止処分を受けていることについては、「現執行部の判断を尊重すべきだ」と述べ、見直す必要はないとの認識を示した。

 一方で、代表選をめぐって前原氏は20日、すでに出馬の意向を固めている野田財務相と会談していたことがわかった。この中で前原氏は、前原グループとして野田氏を支援することは難しいとの認識を伝えたという。

 こうした中、岡田幹事長は21日、「今国会中に首相を指名する選択肢を残しておくため、代表選は29日までに行うべき」との考えを示した。民主党執行部は代表選を今月29日に行うことで最終調整をしており、22日の役員会で代表選を29日に実施する方針を確認したい考え。