日テレNEWS
政治
2011年8月30日 7:22

橋下知事と平松市長“大阪のあり方”で激論

橋下知事と平松市長“大阪のあり方”で激論
(c)NNN

 大阪・橋下府知事と大阪市・平松市長が29日、大阪市で行われたイベントで顔を合わせ、大阪のあり方について激しい議論を交わした。

 このイベントは、大阪を明るい町にしようと取り組む有志の集まり「OSAKAあかるクラブ」が主催したもの。参加者300人以上が見守る中、橋下知事と平松市長が顔をそろえ、橋下知事が主張する大阪都構想などについて持論を戦わせた。

 平松市長「大阪市を潰そうというのが都構想に見えるから」

 橋下知事「大阪市を潰すのではなく、大阪市役所と大阪府庁を再編する」

 平松市長「府庁再編というのは、府庁を潰すとかおっしゃっていますけれど、本当に言わなあかんのは、大阪府を潰すということでしょ」

 橋下知事「違います。地域は潰れません」

 2人は、大阪のあり方についてあらためて公開討論を行うことを確認し合った。知事と市長のダブル選挙は、11月27日に予定されている。