日テレNEWS
政治
2011年10月5日 16:26

3次補正予算案めぐり、6日に与野党が協議

3次補正予算案めぐり、6日に与野党が協議
(c)NNN

 民主党と自民・公明両党は6日午後、11年度第3次補正予算案などについて話し合うため、幹事長会談を行うことになった。

 自民・公明両党の幹部は5日午前、会合を開き、民主党が求めていた第3次補正予算案をめぐる与野党協議に応じることを確認した。自民党はこれまで、国会審議を形骸化させるとして、第3次補正予算案が国会に提出される前の協議には慎重な姿勢を示していた。しかし、東日本大震災からの復興を重視する公明党に促され、方針を転換した形。

 また、自民・公明両党は、6日の会談で民主党・小沢元代表の証人喚問を強く求めることでも一致した。

 6日午後には、民主・自民・公明3党の幹事長会談とともに、他の野党も加えた与野党の幹事長レベルの協議が行われる。民主党は、今後の協議を通じて野党側の理解を得て、第3次補正予算案の早期成立を図りたい考え。