日テレNEWS
政治
2011年12月24日 13:06

民主・中島議員が離党届 八ッ場再開を批判

民主・中島議員が離党届 八ッ場再開を批判
(c)NNN

 民主党・中島政希衆議院議員が24日午前、党本部に離党届を提出した。受理されれば野田政権で初の離党者となる。

 提出の理由について、中島議員は、政府が八ッ場(やんば)ダム(群馬・長野原町)の建設再開を決めたことを挙げ、「マニフェストに明白に違反するもので、国民の信頼を裏切る」などと政府の方針を強く批判した。これに対し、前原政調会長は「共に闘ってきた同志なので、慰留したい」と述べている。