日テレNEWS
政治
2011年12月30日 20:29

首相 消費税増税案了承に「大きな前進」

首相 消費税増税案了承に「大きな前進」
(c)NNN

 野田首相は30日、消費税増税を含む社会保障と税の一体改革の政府・与党案がまとまったことについて「大きな前進だった」と成果を強調した上で、今後、与野党協議を加速させたい考えを示した。

 野田首相「(民主党内で)強行に意思決定するのでなく、誰も怒号を上がることなく意思決定できたのは、非常に大きな前進だった。来年早々、第1週には最終的な意思決定を踏まえて野党の皆様に真摯(しんし)に協議を呼びかけたい」

 野田首相はまた、「まずは自らの身を削れという国民の声が大変大きいことは承知している。国会議員の定数削減や公務員人件費の削減などをしっかり行う」と、増税の理解を得るためにまずは行政改革に取り組む考えを強調した。

 さらに、消費税関連法案の来年3月までの国会提出に向けた与野党協議について、「政局に絡める話ではなく、真に国家国民のための議論をしようと呼びかけたい」と野党側の理解に期待感を示した。