日テレNEWS
政治
2012年1月4日 16:07

消費税協議よりも衆院解散が先~谷垣総裁

消費税協議よりも衆院解散が先~谷垣総裁
(c)NNN

 自民党・谷垣総裁は4日、記者会見を行い、野田首相が消費税増税をめぐる与野党協議を来週に呼びかける意向を示したことに対し、衆議院の解散・総選挙を先に行うべきとの考えを改めて強調した。

 谷垣総裁「私どもはそのこと(消費税増税)を提唱する資格はあっても、民主党政権にはその資格はない。やるならば、国民の信を問い直してこなければできるはずがない」

 谷垣総裁は、民主党がマニフェストで消費税増税を掲げていないことから、国民の信を問い直さない限り、与野党協議には応じられないとの考えを示した。その上で、「民主党が方向性を示し、国民に信を問い直す前提があれば、色々な話し合いができる」と述べ、野田首相が衆議院の解散をまず約束する「話し合い解散」を持ちかけた場合には協議に応じる可能性があることも示唆した。