日テレNEWS
政治
2012年1月22日 16:24

副総理“一体改革”協議拒否の自民党を批判

副総理“一体改革”協議拒否の自民党を批判
(c)NNN

 岡田副総理は22日、「社会保障と税の一体改革」をめぐる与野党協議を拒否し、衆議院の解散・総選挙を求める自民党の姿勢を、あらためて批判した。

 岡田副総理は22日、「選挙で消費税率を10%に引き上げるという、自民党の参議院議員選挙の公約を主張するのか、消費税増税はけしからんと主張するのか、まずはそこをはっきりしてもらいたい」と述べて、「消費税10%」を公約に掲げながら消費税増税を含む一体改革に関する法案の国会提出前の与野党協議を拒否する自民党の姿勢を、あらためて批判した。

 その上で、岡田副総理は「消費税についての考えも言わずに解散・総選挙というのは、いかがなものかと思う」と、解散・総選挙を求める考えを強くけん制した。