日テレNEWS
政治
2012年3月7日 16:24

自公幹部、来年度予算案への反対を確認

自公幹部、来年度予算案への反対を確認
(c)NNN

 7日朝、自民党と公明党の幹事長ら幹部が会談し、8日に衆議院で採決される来年度予算案に反対することを確認した。

 自民・公明両党は、来年度予算案について、子ども手当などを見直すことで3党で合意しながら、結論を得ないまま民主党が予算計上したことや、基礎年金の財源に消費税増税が実現するまで償還できない交付国債を充てることを「粉飾的な手法だ」などとして、8日の採決で反対することを確認した。

 一方、東日本大震災復興のため特別会計を設置する法案や税制改正法案など歳入関連の4法案については、自民・公明両党が提案した主張が盛り込まれていることなどから、賛成することを決めた。