日テレNEWS
政治
2012年3月25日 1:44

東シナ海資源開発、中国側と協力前進を確認

東シナ海資源開発、中国側と協力前進を確認
(c)NNN

 中国を訪れている民主党・輿石幹事長ら議員団は現地時間24日、中国共産党との間で、交渉が中断している東シナ海の資源開発について、具体的な協力を前進させることなどを確認した。

 今回の中国訪問で、輿石幹事長は現地時間23日、習近平国家副主席と会談し、東シナ海のガス田共同開発の交渉再開を要請した。現地時間24日には民主党と中国共産党との間で覚書が交わされ、東シナ海を「平和・協力・友好の海」とするため、東シナ海の資源開発などの具体的な協力を前進させることを確認した。また、覚書では、北朝鮮のミサイル発射など重大案件が起きた際に意思疎通を図るホットラインの設立などを盛り込んだ。

 輿石幹事長は現地時間24日、北京で会見し、「(日中)2国間がきちっと相互理解し、親交を深めないと、世界平和や繁栄にも影響していくことを確認できたと思います」と述べた。

 輿石幹事長は記者団に「ガス田共同開発の交渉再開に向け、一歩前に進んだ」と語り、今回の交流事業の成果を強調した。今後は、実際にガス田を共同開発していけるのか、政治の実現力が試される。