日テレNEWS
政治
2012年3月29日 0:27

どうなる消費税増税法案 記者解説

どうなる消費税増税法案 記者解説
(c)NNN

 野田首相は、消費税増税法案について、30日に閣議決定に踏み切る方針。しかし、閣議決定にはまだハードルがある。政治部・佐藤圭一記者が解説する。

 民主党・小沢元代表はこのところ、メディアを通じて増税反対論を積極的に展開しており、今後の火種として残っている。小沢氏に近い議員によると、結果報告を受けた小沢氏は「わかった」と答えただけで、現時点では沈黙を保っている。消費税増税法案は来月から国会審議に入り、採決は5月以降になるとみられているが、この採決の時点で造反する可能性があり、再び、党分裂含みの展開になることも予想される。

 また、民主党と連立を組む国民新党の亀井代表は、28日も反対の姿勢を鮮明にしており、消費税増税法案を閣議決定するならば連立離脱も辞さないという強硬な構えを見せている。一方で、党内には「閣議決定までは認めるべき」との声もある。国民新党は29日に議員総会を開いた上で、亀井代表が最終判断する見通し。

 東京・石原都知事との新党結成構想も絡み、野田政権との関係を亀井氏がどう最終判断するのかが29日の焦点となる。