日テレNEWS
政治
2012年3月30日 23:31

野田首相、増税法案の今国会成立に決意表明

野田首相、増税法案の今国会成立に決意表明
(c)NNN

 消費税増税法案の閣議決定を受け、野田首相は30日夜に記者会見を行い、今国会での法案成立に向けた決意を改めて表明した。

 野田首相「真剣にご議論をいただいた結果、まさに集大成の時期に結論を出していただいたこと、与党の党首の皆さんに誇りを感じている次第であります」「政局ではなく、大局に立つならば、政策のスクラムを組むことは十分可能だというふうに考えております」「国会として結論を先送りせずに、決断できるかどうかが問われると思います。野党の意見は採り入れるものは採り入れて、真に国民のための、社会保障と税の一体改革、成案をうるべく、全力を尽くしていきたい」「政治生命をかけるというのは、文字通りに受け止めていただきたい。政治生命をかけると言ったことは事実、どうするかは私の胸三寸であります」

 野田首相は、法案の成立に全力を挙げる考えを強調した上で、野党側の協力を得るためには法案の修正にも前向きな考えを示した。

 野田首相はまた、法案に明記した、「名目の経済成長率3%程度」などの数値については増税の前提条件ではないとの考えを示した上で、「政府としての目標で、早い段階で達成しなければならない」と強調した。

 また、民主党・小沢元代表らが法案の採決で反対する可能性があるとの指摘については、「結論を出す時にはみんなが従って実現していく文化が民主党には生まれつつある」などと述べるにとどめた。