日テレNEWS
政治
2012年4月14日 22:07

経産相、再稼働要請 福井県知事は回答保留

経産相、再稼働要請 福井県知事は回答保留
(c)NNN

 政府が大飯原発(福井・おおい町)の安全性を確認したことを受けて、枝野経産相は14日、福井県を訪れ、西川県知事らと会談し、3・4号機の再稼働への理解を求めた。これに対し、西川知事は回答を保留した。

 注目された枝野経産相の要請は、再稼働を進めたいという思いを強く感じさせるものだった。枝野経産相は「これまで基幹電源として電源供給を担ってきた原発を、安全確保とさらなる信頼性向上を追求していくことを大前提に、今後とも重要な電源として活用することは必要と考えている」と述べた。

 これに対し、西川知事は、今回の会談では回答を保留し、安全性について専門家の会議や県議会で協議する予定。一方、会談後の会見では、電力を多く消費する関西圏に対し、中間貯蔵など一定の負担を求めたいと述べた。

 また、枝野経産相は、おおい町・時岡町長との会談で、住民説明会を開く考えを示した。さらに、滋賀県や京都府に対して改めて政府の方針を説明することを強調した。

 しかし、周辺自治体の理解について見通しは立たず、政府のシナリオ通りに進むかは不透明。