日テレNEWS
政治
2012年4月28日 22:26

小沢元代表が政権批判 無罪判決には触れず

小沢元代表が政権批判 無罪判決には触れず
(c)NNN

 民主党・小沢元代表は28日、無罪判決後初めて公の場で発言し、「民主党は政権交代をした時の原点に返るべきだ」などと訴えた。

 小沢氏は栃木・真岡市で行った講演で、「私たちは何と言っても、原点に返り、初心を思い起こし、『国民の生活が第一』という我々の訴え通りに政治に取り組んでいかなければならない。そういう思いを、私は新たにしている」と述べた。

 また、「政権交代の時の原点を、我々の内閣は忘れてしまっているのではないか」と述べ、消費税増税法案の成立を目指す野田政権を批判した。

 小沢氏が公の場で発言をするのは、自身の政治資金をめぐる裁判で無罪判決を受けて以降初めてだが、判決については一切触れなかった。

 一方、自民党・石原幹事長は28日午後、千葉市内で講演し、「国会で国民の皆さん方にご自身の言葉で、監督責任、道義的責任、そして、多くの方々が疑問に思っていることに対して、小沢氏はお答えになる必要があるのではないかと、改めて強く感じている」「終盤国会では小沢氏を国会に招くアプローチを強めていかなければ」と述べ、証人喚問を求めていく考えを強調した。