日テレNEWS
政治
2012年5月6日 17:18

消費税審議100時間程度目安~城島委員長

消費税審議100時間程度目安~城島委員長
(c)NNN

 民主党・城島国対委員長は6日、衆議院の特別委員会で消費税増税法案などを採決するにあたっては、100時間程度、審議することが一つの目安になるとの認識を示した。

 消費税増税法案など「社会保障と税の一体改革」関連法案は、16日から衆議院の特別委員会で審議される見通し。これに関連し、城島委員長は記者団に対し、「公明党が100時間以上の審議時間を求めており、一定の配慮をする」と述べた。

 こうした中、来月21日までの今国会の会期内に関連法案を成立させることは難しく、会期を延長するとの見通しが強まっている。城島委員長は「現時点で会期の延長は考えていない」と述べる一方で、来月4日の週には延長するかどうか判断するとの見通しを示した。