日テレNEWS
政治
2012年5月14日 13:46

日中韓首脳で共同宣言 北朝鮮問題に触れず

日中韓首脳で共同宣言 北朝鮮問題に触れず
(c)NNN

 野田首相が出席して中国・北京で開かれている日本と中国、韓国による首脳会議は14日、共同宣言を発表した。焦点の北朝鮮問題をめぐっては宣言に盛り込まれず、3か国の考え方の違いが浮き彫りになった形。

 野田首相と韓国・李明博大統領は14日午前、中国・胡錦濤国家主席と会談した。この席でも北朝鮮情勢について意見が交わされ、胡主席は、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議での問題解決を訴えたものとみられる。しかし、発表された共同宣言では「地域の安全保障で協力を進めることで一致」したものの、「北朝鮮」という文字はなかった。

 3か国は、「北朝鮮の核実験を阻止する」という考えでは一致している。しかし、その方法をめぐって、圧力を強めたい日韓と、北朝鮮を刺激することを避けたい中国との間には温度差がある。宣言の発表を1日遅らせてまで調整を続けた3か国だが、足並みの乱れがあらわとなった形。