日テレNEWS
政治
2012年6月6日 12:31

消費増税 修正協議で3党幹事長が再会談へ

消費増税 修正協議で3党幹事長が再会談へ
(c)NNN

 政権の命運がかかる消費税増税法案などの修正協議をめぐって、民主・自民・公明の3党は6日夕方、5日に引き続き2度目の幹事長会談を行う。

 国会の会期末が2週間後に迫る中、法案成立のためには野党第1党の自民党の協力が不可欠だが、協力を得られるかどうか、野田首相にとっては厳しい状況が続いている。

 自民党は6日午前、臨時の役員会を開き、再会談での対応を協議した。自民党は修正協議に応じる条件の一つとして、民主党・輿石幹事長が会期末の21日までに採決する方針を明確にすることを挙げている。しかし、5日の会談で輿石幹事長は「修正協議がととのうことが採決の大前提だ」と述べるにとどまり、自民・公明両党とも結論を出さずに持ち帰っていた。

 野田首相が明言した会期末までの採決を目指す方針を輿石幹事長が明言しないという状況に、自民党は不信感を強めている。

 一方、修正協議に応じるもう一つの条件だった、消費税増税法案を審議する特別委員会の中央公聴会の日程については、6日午後には、12日と13日に行うことが決まる見通し。

 これで14日以降は法案を採決できる環境がととのうことになるが、与野党の修正協議の行方は見えず、実際に法案を採決できるかどうかもなお不透明。