日テレNEWS
政治
2012年6月11日 18:52

専門委“大飯原発の安全性”福井知事に報告

専門委“大飯原発の安全性”福井知事に報告
(c)NNN

 大飯原発(福井・おおい町)3・4号機の再稼働をめぐり、福井県の原子力安全専門委員会は11日、「安全に必要な対策は確保できている」と西川県知事に報告した。西川知事は12日に現地を視察した上で、今週末にも再稼働に同意する見通し。

 安全専門委員会・中川委員長は11日、大飯原発3・4号機の安全性を評価した報告書を西川知事に手渡した。報告書の中では、「想定すべき地震や津波がきても、原子炉の安全を保つために必要な対策は確保できている」などと結論づけている。

 西川知事は「報告書を十分受け止め、現場で実施状況を自分の目で見て確かめたい」と述べ、最終判断に向けて、12日に大飯原発を視察する考えを示した。

 また、県議会は、14日に全員協議会を開いて、この報告内容の確認や意見の集約を進める方針で、西川知事はこの県議会での意見とおおい町長の考えも踏まえ、15日にも大飯原発の再稼働に同意する見通し。

 再稼働の正式決定は、野田首相と関係3閣僚による会合で行われることになるが、いつになるかは西川知事の同意表明を受けてから調整に入ることになる。政府関係者は、福井県の同意表明が行われない限り、関係閣僚会議の日程調整には入れないとの見通しを示している。福井県側の同意表明が今週中に行われれば、今週末までには再稼働が正式決定となる見通し。