日テレNEWS
政治
2012年6月21日 17:38

国会会期延長 民主党「22日採決で努力」

国会会期延長 民主党「22日採決で努力」
(c)NNN

 21日までだった国会の会期が9月8日まで79日間延長することが、同日昼過ぎの衆議院本会議で民主党など与党の賛成多数で決まった。民主党は、消費税増税を含む「社会保障と税の一体改革」関連法案の22日の衆議院での採決に向けて最大限努力するとしている。

 また、21日朝の会談で民主党・輿石幹事長は、「22日をメドに採決したい」と提案し、自民党・石原幹事長は22日に採決するものと受け止めている。ただ、合意文書には「速やかに衆議院で採決する」としか書いていない。他の野党との調整次第では採決が26日までずれ込む可能性もありそうだ。