日テレNEWS
政治
2012年9月9日 1:44

3党合意、代表選後に改めて確認~野田首相

3党合意、代表選後に改めて確認~野田首相
(c)NNN

 APEC(=アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に出席するためロシア・ウラジオストクを訪れている野田首相は現地時間8日、同行の記者団と懇談し、「社会保障と税の一体改革」をめぐる民主、自民、公明の3党合意について、21日の民主党代表選挙の後に3党の党首会談を開いて、改めて合意を確認したいとの考えを示した。

 3党合意について、野田首相は「お互いに責任をもって、検討課題も残っている」と述べ、引き続き3党が連携して実現を図るべきだとの考えを示した。

 また、野田首相が、ロシア・プーチン大統領との会談で12月のロシア訪問を約束したことについて、記者団は「年内に衆議院の解散はしないつもりか」とただした。これに対し、野田首相は「外交の継続性を踏まえた判断で、日本の首相として回答したということだ」と述べ、外交交渉は解散時期などの政局論と絡めるべきではないとの考えを示した。