日テレNEWS
政治
2012年10月16日 20:15

中国海軍艦艇7隻 一時、接続水域内を航行

中国海軍艦艇7隻 一時、接続水域内を航行
(c)NNN

 防衛省は16日朝、中国海軍の艦艇7隻が、沖縄・先島諸島の接続水域内を航行しているのを確認した。

 防衛省によると、16日午前7時頃、海上自衛隊の「P3C哨戒機」が、沖縄・仲ノ神島の南西約44キロの海域を、太平洋から東シナ海に向けて北上する中国海軍の艦艇7隻を確認した。夕方までには先島諸島の接続水域を出て、針路を北西に変え、沖縄・尖閣諸島方面には向かっていないという。森本防衛相は「我が国領海内での航行といった行為は認められていない。注意深く情報収集をしているところ」と述べた。

 ただ、中国の艦船が進行方向に尖閣諸島のあるこの海域を通過するのは初めてで、藤村官房長官は中国政府に対し、日中関係の大局に鑑み、適切な対応を行うとともに、それに反するような行動をとることは差し控えるよう、外交ルートを通じて申し入れたことを明らかにした。