日テレNEWS
政治
2013年1月17日 8:16

日本人ら拘束 城内外務政務官を現地派遣へ

日本人ら拘束 城内外務政務官を現地派遣へ
(c)NNN

 16日、アルジェリアでイスラム武装勢力とみられるグループが石油ガス関連施設を襲撃し、日本人を含む複数の職員を拘束した事件で、岸田外相が城内外務政務官を現地に派遣する方針を発表した。

 岸田外相は、現在、ヨーロッパを訪問中の城内政務官をできるだけ早く現地入りさせて、人質救出の陣頭指揮に充てる方針。また、岸田外相は16日夜、アルジェリア・メデルシ外相と電話で会談し、人質の命を最優先して早期に解決できるよう協力を要請した。これに対し、メデルシ外相は「救出に向けて最大限努力する」と答えたという。

 菅官房長官は16日夜、「人質の人数は複数情報がある」と述べたが、その安否や犯行グループの情報については言及しなかった。安倍首相は訪問先のベトナムから菅官房長官に対し、人命第一に対応すること、情報収集を強化することなどを指示した。政府関係者によると、今のところ安倍首相の東南アジア訪問の日程に変更はないという。

 日本人以外も人質になっているものとみられ、日本政府は関係各国と連携を取りながら慎重に対応していく方針。