日テレNEWS
政治
2013年1月19日 20:34

日英首脳が電話会談 緊密な情報交換を確認

日英首脳が電話会談 緊密な情報交換を確認
(c)NNN

 安倍首相は19日夜、イギリス・キャメロン首相と電話で会談し、アルジェリアの人質事件の状況は「まだ予断を許さない」との認識で一致し、今後も緊密に情報を交換していくことを確認した。

 安倍首相「この事件はまだ予断を許さないこと、多数の犠牲者が出ていることについての憂慮という点で一致した。そして、テロとの戦いにおいて、日本と英国は、ともに協力をして、今後ともテロと戦っていくという点で一致をした」

 電話会談は19日午後6時から15分間行われた。

 安倍首相は、人質の安否についても、イギリス側から「最新の情報について話があった」と述べたが、具体的な内容は明らかにしなかった。今後もイギリスと緊密に連携しながら対応するとしている。

 安倍首相は他の関係国首脳らとも電話会談を随時行っていく方針。