日テレNEWS
政治
2013年1月26日 20:27

安倍首相 現地報告受け、改めて憤り表明

安倍首相 現地報告受け、改めて憤り表明
(c)NNN

 安倍首相は26日午後、アルジェリアの人質拘束事件で死亡したプラント建設会社「日揮」最高顧問・新谷正法さん(66)の遺体と一緒に帰国した城内外務政務官から報告を受け、事件に対する憤りを改めて表明した。

 城内外務政務官は、新谷さんの棺(ひつぎ)に献花した後、成田空港から首相公邸に向かい、午後4時半頃から安倍首相に現地での状況などについて報告した。

 この後、安倍首相は記者団に対し、「改めて事件の悲惨さとテロリストの暴虐な行動に対して強い憤りを覚えました」と述べた。また、犠牲者の家族について「最愛の家族を亡くした気持ちを思うと言葉もありません」とした上で、「テロと闘う決意を新たにした」と述べた。

 政府は、海外進出企業や日本人を守る対策を強化するため、来週、検証チームを立ち上げる予定。