日テレNEWS
政治
2013年2月2日 16:41

沖縄訪問中の安倍首相、仲井真知事と会談

沖縄訪問中の安倍首相、仲井真知事と会談
(c)NNN

 首相就任後初めて沖縄県を訪問している安倍首相は、2日午後に仲井真県知事と会談し、アメリカ軍・普天間基地(宜野湾市)の移設問題をめぐり、名護市辺野古沖への移設に改めて理解を求めた。

 仲井真知事「今、県民はなるべく(基地を)県外に出してもらいたいという強い願いがある。我々の願いに沿うような形で解決していただければ大変ありがたい」

 安倍首相「普天間基地の固定化は絶対にあってはならないこと。米国との合意の中で進めていきたい」

 仲井真知事が普天間基地の県外への移設を改めて要請したのに対し、安倍首相は辺野古沖への移設に理解を求め、お互いの主張を言い合い、平行線に終わった。

 また、安倍首相は会談後、記者団から「基地の移設に向け、辺野古沿岸部の埋め立てを沖縄県に申請する時期は、今月下旬で調整しているアメリカ訪問の前か」と問われたのに対し、「それは考えていない」と述べた。