日テレNEWS
政治
2013年2月18日 13:48

補正予算案 参議院で審議始まる

補正予算案 参議院で審議始まる
(c)NNN

 国会では18日から、今年度の補正予算案について参議院の予算委員会での質疑が始まった。

 民主党は小川元法相らが質問に立ち、安倍政権の掲げる2%の物価上昇目標について、民主党政権が進めていた金融政策との違いをただした。

 小川元法相「安倍首相は大変に大胆な2%の物価目標というデフレ対策、この金融緩和政策を始めたかのように、これまでずっと喧伝(けんでん)されていますが、この実質は民主党政権時代、2010年からずっとやってきたことを、ただ単にそのまま続けていくということだけじゃないですか」

 安倍首相「画期的な違いではないとは、私は言えないのではないか。私はもともと謙虚な人間。こういうことはあまり言わない方ではありますが、これは明らかに違う。違うからこそ市場が反応しているんだろうと思う」

 また、安倍首相は、日銀・白川総裁の後任人事については「私と同じ考えとデフレ脱却に強い意志と能力を持っている人にお願いしたい」と述べるにとどまった。

 政府・与党は補正予算案を安倍首相が訪米する21日までに成立させることを目指しているが、民主党など野党側は、十分な審議時間が必要だとして21日までの採決には応じない構えを見せている。