日テレNEWS
政治
2013年2月26日 17:46

TPP交渉参加、政府に判断一任~山口代表

TPP交渉参加、政府に判断一任~山口代表
(c)NNN

 公明党・山口代表は26日、安倍首相と電話で会談し、TPP(=環太平洋経済連携協定)への交渉参加について、政府に判断を一任する考えを伝えた。

 公明党は26日午前、常任役員会を開き、TPPへの交渉参加問題と日本銀行の総裁・副総裁の国会同意人事案について、山口代表と井上幹事長に対応を一任することを決めた。また、TPPについては、情報をできる限り開示し、国益を最大化するような国民的なコンセンサスをつくるよう努力すること、農業の多面的な機能と食料自給率に配慮することという2点について、政府に求めることも合わせて決めた。

 それを踏まえ、山口代表は26日昼、安倍首相に電話し、2点の要望を伝えた上で、TPPへの交渉参加問題について、政府に判断を一任する考えを伝えた。これに対し、安倍首相は「早速にありがとうございました」と答えたという。