日テレNEWS
政治
2013年3月1日 1:35

F35は「武器輸出三原則」例外 長官談話

F35は「武器輸出三原則」例外 長官談話
(c)NNN

 自衛隊が次期主力戦闘機として導入する最新鋭ステルス機「F35」の日本製部品の輸出について、武器輸出三原則の例外として認める官房長官談話の全容が判明した。

 日本がアメリカなどと共同生産するF35をめぐっては、イスラエルが購入を予定していることから、日本製の部品がイスラエルに渡り、「国際紛争の助長を回避する」とした武器輸出三原則に抵触する可能性が指摘されていた。

 官房長官談話では「国内企業の参画は我が国の安全保障に大きく資する」と指摘した上で、日本製の部品が「米国政府の下で、厳格な管理が行われることを前提として、武器輸出三原則等によらないこととする」と判断し、例外的に認める内容になっている。その上で、「政府としては、平和国家としての基本理念は維持していく」と述べている。

 この談話は1日の閣議を経て発表される予定。