日テレNEWS
政治
2013年7月21日 20:33

自公で70議席確実 安定多数確保の見通し

自公で70議席確実 安定多数確保の見通し
(c)NNN

 21日に投票が行われた第23回参議院選挙で、自民党と公明党の与党はこれまでに70議席を獲得することが確実となり、非改選議席と合わせて参議院での安定多数を確保する見通しとなった。

 日本テレビの集計によると、これまでに自民党は61議席、公明党は9議席の計70議席の当選が確実になった。与党合計で70議席となって、非改選議席59と合わせて129議席となり、参議院の全ての常任委員会で委員長を独占し、委員の数も半数を獲得して議会運営を主導できる「安定多数」を確保する見通しとなった。

 一方、民主党は改選44議席に対してこれまでのところ9議席の獲得にとどまっている。