日テレNEWS
政治
2013年8月7日 18:23

汚染水対策、政府が財政的支援実施で調整

 政府は、東京電力が行っている福島第一原発の汚染水対策について財政的な支援を行う方向で調整に入った。

 福島第一原発で発生している大量の汚染水への対策として、政府は東京電力に対し、原子炉建屋周辺の土を凍らせて、建屋への地下水の流入を防ぐ「凍土式遮水壁」を設置するよう指示している。

 こうした対策をより迅速に進めていくため、政府として東京電力に対して財政的な支援を行う方向で調整に入ったもの。

 これに関連して、菅官房長官も7日午前の会見で「国としても一歩前に出て、支援をする必要がある」と述べた。