日テレNEWS
政治
2013年8月12日 14:01

与那国島町長選 現職が3度目の当選

 陸上自衛隊の部隊配備の問題に揺れる沖縄・与那国島で町長選挙が行われ、部隊配備の推進を掲げた現職が、3度目の当選を果たした。

 任期満了に伴う与那国町長選は11日に投開票され、島に陸上自衛隊の沿岸監視部隊を配備する計画の推進を掲げた現職の外間守吉氏(63)が553票を獲得、計画の見直しと住民投票の実施を訴えた無所属新人の崎原正吉氏(65)を47票差で破り、3期目の当選を果たした。

 防衛省は再来年度までに、与那国島に艦船の動きを監視するレーダーの他、100人規模の沿岸監視部隊を配置する予定で、推進派の現職の当選により、計画の進ちょくに弾みがつく見込み。