日テレNEWS
政治
2013年9月2日 22:59

自民党幹事長会議、消費増税やTPPで注文

自民党幹事長会議、消費増税やTPPで注文
(c)NNN

 自民党の全国幹事長会議が2日に開かれ、地方組織の代表者から、消費税の増税問題やTPP(=環太平洋経済連携協定)への対応について注文が出された。

 会議は、7月の参議院選挙の総括や、政策について、党本部と各都道府県連の代表者らが意見交換を行うため開かれた。出席者によると、来年4月から消費税率を8%に引き上げることについて、「一度決めたのだからやったらよい」との意見が出る一方、高知県の代表者らからは「まだ地方は経済が本格的に回復していないので、少し延ばしてほしい」といった意見が出たという。

 また、TPPについては、北海道の代表者らから「政府主導で進められているが、もっと党本部も、地域の懸念が払拭されるようなことをやってほしい」などと、さらなる情報開示を求める声が上がった。