日テレNEWS
政治
2013年10月18日 1:45

渡辺氏“原発ゼロ”考えあるか首相に迫る

渡辺氏“原発ゼロ”考えあるか首相に迫る
(c)NNN

 衆議院本会議で17日、各党の代表質問が行われ、みんなの党の渡辺代表は安倍首相に対し、「原発ゼロ」社会を目指す考えがあるかどうか迫った。

 渡辺代表「我が国の(核廃棄物の)最終処分場が確保できない状況下での原発推進は無責任であり、原発ゼロしかないと。小泉元首相は『総理大臣が決断すればできる』とおっしゃっているが、安倍首相のご所見を伺う」

 安倍首相「エネルギーの安定供給、エネルギーコスト低減の観点も含め、国として責任あるエネルギーを構築していく。この際、原子力比率は可能な限り、引き下げていく」

 さらに、渡辺代表が「東京電力を破綻処理すべきだ」と求めたのに対し、安倍首相は「東京電力は民間企業として損害賠償や廃炉、汚染水対策などを確実に実施していくべきだ」と答えた。

 安倍首相はまた、放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場の設置問題について「国として処分地選定に向けた取り組みの強化を責任を持って検討していく」と述べた。