日テレNEWS
政治
2013年11月1日 12:38

山本議員“手紙手渡し”閣僚から批判や懸念

山本議員“手紙手渡し”閣僚から批判や懸念
(c)NNN

 先月31日、山本太郎参議院議員が園遊会の場で天皇陛下に手紙を手渡したことについて、1日、閣僚からは批判や懸念の声が相次いだ。

 下村文科相「議員辞職ものだと思いますね。これをもし認めれば、いろんな行事に、天皇陛下に対して手紙をお渡しするということを認めることになる。まさに政治利用そのもの」

 古屋国家公安委員長「国会議員として常軌を逸した行動ですよね」

 また、谷垣法相は「山本議員のあのような行為は、天皇陛下を国政に引き込んでしまうのではないか」などと懸念を表明した。

 山本議員は先月31日、園遊会で、原発問題に関する自身の見解を書いた手紙を天皇陛下に手渡し、侍従長がそれを預かった。山本議員は「失礼にあたるかもしれないが、自分の気持ちが勝ってしまった」などと釈明している。