日テレNEWS
政治
2013年11月18日 18:19

特定秘密保護法案、与野党の修正協議が山場

特定秘密保護法案、与野党の修正協議が山場
(c)NNN

 「特定秘密保護法案」をめぐる与野党の修正協議は今週、大きな山場を迎える。与党側は野党と合意の上、今週中に衆議院を通過させたいとしている。

 政府与党の実務者は18日午前、国会内で協議し、これまでの修正協議で野党側から求められた点について対応を検討した。野党との修正協議では、「秘密指定が妥当かどうかをどうチェックするか」という点、いつになったら秘密が公開されるのかという「秘密指定の期間」、「秘密指定を誰がどのように行うか」などが焦点となっている。

 まず、秘密指定のチェックについては、与党側が「国会への報告」を提案した他、第三者機関の設置についても、安倍首相が「重要な課題だ」と述べるなど、一定の歩み寄りを見せている。

 「秘密指定の期間」については、現在の法案では30年を超えても秘密指定が解除されない可能性があるため、日本維新の会は、30年を経過した時は直ちに指定を解除するよう求めている。

 また、現在の法案では、「行政機関の長が秘密を指定する」としているが、みんなの党は首相の同意を必要とするよう求めている。

 一方、民主党も独自案の作成を進めており、法案の目的を「外国との情報共有の促進」と明確にする、政府案の秘密の範囲から「防衛」と「特定有害活動の防止」を削除するなどの内容で調整している。民主党は19日、独自案を正式にまとめた上で、与党側との修正協議に臨む考え。

 与党は18日夕方、改めて維新の会やみんなの党と個別に修正協議に臨むが、法案に対しては国会審議の中でも、「国民の知る権利を制限するのではないか」と野党側が強く主張している。与党は、20日までに修正をまとめたいとしているが、野党側の主張にどこまで歩み寄れるかが焦点となる。