日テレNEWS
政治
2014年1月21日 23:11

“結い会派問題”幹事長ら会談も、結論出ず

 みんなの党を離れ結いの党を立ち上げた議員が、国会で新しい会派の結成を求めている問題で、両党の幹事長らが21日に会談したが、結論は出なかった。

 結いの党は、すでに衆参両院に対し、新たな会派の立ち上げを届け出ているが、みんなの党は「比例選出議員の離党は有権者への裏切りだ」として、認めていない。このため、衆議院議院運営委員会の逢沢委員長があっせんに乗り出し、両党の幹事長と会談したが、みんなの党が比例選出議員のヒアリングを求めたのに対し、結いの党は「いまさらヒアリングは筋が通らない」と拒否し、結論は出なかった。

 逢沢委員長は「通常国会が召集される24日までに決着させたい」と話している。