日テレNEWS
政治
2014年3月14日 21:28

国民投票法改正案 共同提出で自公民が合意

国民投票法改正案 共同提出で自公民が合意
(c)NNN

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正をめぐり、自民・公明・民主の3党は、改正案を今の国会に共同で提出することで基本的に合意した。

 国民投票法をめぐっては、自民・公明の与党が「法の施行から4年後に投票年齢を18歳以上に引き下げる」などとした改正案をまとめている。

 こうした中、14日に与党と民主党の実務者が会談し、公務員の組織的な署名活動などを禁止していた規定について、民主党の要求に添う形で削除することなどで合意した。日本維新の会も共同提出することにすでに合意しており、改正案は今の国会で成立する公算が大きくなった。