日テレNEWS
政治
2014年3月20日 13:51

来年度予算案成立へ、戦後3番目の早さ

来年度予算案成立へ、戦後3番目の早さ
(c)NNN

 参議院予算委員会では現在、来年度予算案の審議が続いており、20日夕方には成立する見通し。戦後3番目のスピード成立となる。

 委員会では20日も、NHKの籾井会長が理事全員に辞表を提出させた問題をめぐり、野党側が追及した。

 民主党・小川敏夫議員「気持ちを確認するだけなら、もう確認したんだから(辞表を)返せばいいのでは」

 籾井会長「せっかく書いていただいた理事一人一人の真摯(しんし)な気持ちを考えると、これを返すというわけにはいかない」

 小川議員「開き直ってその辞表をまだ持ち続けている。あなたは即刻、会長にふさわしくないからやめるべきですよ」

 籾井会長「会長としての責任を果たし、公共放送の使命に基づいたよりよい放送とサービスをお届けしたいと思う」

 こうした中、来年度予算案は20日午後、予算委員会で採決された後、20日夕方には参議院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立する見通し。これは戦後3番目の早さとなる。

 来月からの消費税率の引き上げを控え、早期成立へと突き進んだ与党側に対し、野党各党の足並みは最後までそろわなかった。今後は集団的自衛権の行使容認をめぐる議論などが国会での焦点となる。

 安倍首相は20日夜、記者会見を開く予定。