日テレNEWS
政治
2014年3月31日 12:26

拉致再調査の進展は?日朝政府間協議最終日

拉致再調査の進展は?日朝政府間協議最終日
(c)NNN

 1年4か月ぶりとなる日本と北朝鮮の政府間協議が中国の北京で30日から行われている。最終日の31日、拉致問題解決に向けた進展はあるのだろうか。現地から中村圭吾記者が中継する。

 日本側の協議代表である外務省の伊原純一アジア大洋州局長は31日朝、問いかけに口を閉ざしたまま車に乗り込み、協議会場に向かった。

 初日の30日は、北朝鮮の宋日昊・日朝交渉担当大使と伊原局長が笑顔で握手を交わすなど友好的なムードで始まったが、日本側は、北朝鮮に対し拉致被害者の再調査を強く求めたものとみられる。

 最終日の31日は、北朝鮮外務省が30日に「新たな形態の核実験も排除できない」との声明を新たに出したことなどから、日本政府は核、ミサイル問題で抗議しつつ、拉致被害者の再調査で前向きな対応を引き出したい考え。

 また、伊原局長は30日に会見で「あらゆる機会をつかまえて意見交換を行う」と話していて、政府間協議の継続について合意できるかも焦点となっている。