日テレNEWS
政治
2014年5月25日 1:14

中国軍戦闘機、自衛隊機に異常接近

 防衛省によると、24日午前11時と12時の2回、東シナ海の北方の公海上空で、中国軍の戦闘機が海上自衛隊と航空自衛隊の情報収集機に対して異常に接近する飛行を行った。航空自衛隊の情報収集機には、約30メートルまで近づいたという。

 現場の空域は、日本の防空識別圏と中国が主張する識別圏が重なるエリアだった。自衛隊機と乗組員への被害はなかったが、偶発的な事故に繋がる危険な行為だとして、外務省が中国大使館に対して抗議した。