日テレNEWS
政治
2014年6月12日 0:12

今国会初の党首討論 集団的自衛権巡り論戦

今国会初の党首討論 集団的自衛権巡り論戦
(c)NNN

 今の国会で初めてとなる党首討論が11日に行われ、民主党の海江田代表は安倍首相に対し集団的自衛権の行使容認を巡り論戦を挑んだ。

 民主党・海江田代表「会期内に閣議決定をしてしまう、これはまさに拙速であります」

 安倍首相「与党において真剣に議論をしております。この真剣な議論の結果においては、政府として立場を決定し、閣議決定致します」

 安倍首相は行使容認に慎重な与党・公明党の山口代表が傍聴する中、あえて「みんなの党や日本維新の会はしっかりと立場を表明している」と指摘した。

 山口代表に対し今月22日までの今国会中に行使容認の閣議決定ができるよう、暗に求めた形だが、一方の山口代表は「期限にこだわって、本来の国民の理解を深めて合意を形成するという目的が失われては元も子もありません」と述べ、今の国会中の閣議決定にはこだわらず、与党間で合意を得る努力を続けるべきとの考えを示した。

 自民党は13日の協議で閣議決定の文案について議論したい、としていたが、公明党の理解が得られておらず、自民党幹部は「限りなくダメそうだ」と話している。